« 今日は豆楽さんが来てくれました | トップページ | カヤックの塗装で教えられたなと。 »

2008.07.23

あうべるのシチューなべ

080723_nabeご要望によりアウベルクラフト・マンスリーマガジン「あうべるのシチューなべ」のバックナンバーを復活させました。このマガジンは2004年3月から2004年12月まで毎月発行していたもので、主にアウベルクラフトの商品を買っていただいた人に商品に同封していたものです。ネタ集めから取材、そしてDTPまで殆ど全てマッキー一人でやっていたのだからスゴイ!今読んでもとても新鮮で楽しいのでぜひご覧くだいね。

アウベルクラフトのルーツはカタログ通販。1992年にアウベルクラフトを始めて3年目の1994年から問屋さんルートをやめ直販に変えました。その最初は小さなカタログ作りからでした。商品撮影からワープロの切り貼りで原稿を作り、業者にデザインを頼み作ったのが最初です。今見るととても無骨なカタログでしたけど、当時はこれからアウベルクラフトが始まるんだととてもワクワクしたのを覚えています。

これをアウトドアショーやいろんなイベントに出展して配ったり、ビーパルなどに広告を出してカタログを配って商品を販売するという、極、極手作りで小規模な販売方法でした。翌年待望のマッキントッシュを買い、DTPの技術を磨き、1995年にはデザイン会社と組んでフルデジタルでのカタログを作りました。当時ではまだ殆ど行われていなかったことです。

もちろん撮影は自分たちで行いましたし、テキストも自分で書き、DTPのレイアウトも自分でやり、最後のデザイン部分だけデザイン会社にお願いしました。だからものすごく安くカタログを作ることができたんですね。このあたりから自分たちでカタログを作る楽しさを知ったのです。

1997年からはカタログというより、ライフスタイルマガジンという半分は商品カタログ半分は読み物というものを作り始めました。年に4回発行なのですが、毎回作るのが楽しくて仕方がなかったのを覚えています。アウトドアレポートを書いたり、読者の方の投稿をもらったり、イベントをやったりでとても楽しいカタログでしたから、毎回楽しみにしてくれている人もたくさんいました。

この年の1月からインターネットも始めました。この年しばらくしてからあの「楽天」も始まったというインターネットの時代へ変わっていった時代です。今、アウベルクラフトからの発信はインターネットが主流になっているんですが、でもやっぱり僕たちは「紙」での情報発信もやりたいのです。紙でしか伝わらない何かがあると思っているのです。

もう少ししたら、マンスリーマガジンというよりマンスリーペーパーくらいの軽さで、また復活させたいと思っています。Marvel's TVもそうですが、自分たちしかできないやり方で、楽しみながらこれからもやっていければと思っています。

|

« 今日は豆楽さんが来てくれました | トップページ | カヤックの塗装で教えられたなと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は豆楽さんが来てくれました | トップページ | カヤックの塗装で教えられたなと。 »