« ところてんあります | トップページ | 今日は豆楽さんが来てくれました »

2008.07.21

自転車図書館の土居君が突然やってきた。

080721_doikun今日は自転車図書館の土居君が突然のことですが立ち寄ってくれました。じてんしゃ図書館の土居君との再会で書いたのが3月28日だから約4ヶ月ぶりの再会です。この間に滋賀〜京都〜鳥取〜島根〜岡山を自転車で水車図書館を引っ張りながら本を貸し出し、土地土地の図書館を回って「百年の愚行」という本を置いてもらうようにお願いをする旅をしているわけです。彼と会うたびに目の輝き、そして心の輝きが増しているように思います。身体も真っ黒に日焼けして、筋肉も付いてホントたくましくなったなー。カッコいいなー。

ホントに突然の訪問だったのですが、実はこのところの猛暑続きで体調を崩したということで、しばらく(と言っても数日だけど)休養するそうです。これからヒッチハイクで山梨へ行ってキャンプ場でのんびり過ごすそうです。20キロくらいはありそうなリュックを担いでですよ。ぼくなら休養どころかもっとバテちゃうだろうな。つまりものすごい鍛えている人にとってはどってことないことなんですよね。

今まで3年半で約二千もの図書館を回ったそうです。日本の図書館のおおよそ三分の二。気の遠くなるような数ですよね。そして、四国〜九州を回ったら、来年はヨットで沖縄にも渡るそうです。(つまり風力で移動するのです。)そして全部の図書館を回ったら自分で本を作りたいと語ってくれました。

いろんな話をしたんだけど、なんて言うかな、自分はこんな大きなことをしてるんだ、というようなところは微塵もなく、ホントに爽やかで謙虚なナイスガイ。この人柄が多くの人たちの共感を得るもう一つの魅力なんだろうなーって思いました。

実は今日は午前中に、この秋から中国に渡ってお店を始めようとしているS夫妻が商品を見に来てくれました。(初対面です。)彼らも自分の考えをしっかり持って、どういうお店を作りたいのかを熱く語ってくれました。お店のコンセプトの一つが焙煎仕立てのおいしいコーヒーを飲んでもらうということですが、中国にはスタバを超える味を出すお店が皆無なんですって。その新しく始めるお店にアウベルクラフトがお役に立てるならとても嬉しく思います。

今日は自転車図書館の土居君、そしてS夫妻といろんな話ができて僕も、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと〜〜〜〜ぉ〜♪(ウルフルズ武道館ライブで……)ガンバローって思いました。

|

« ところてんあります | トップページ | 今日は豆楽さんが来てくれました »

コメント

そうですね。
なかなかできるものではないです。本当に凄い若者だと思いますよ。

投稿: マーベル | 2008.07.22 14:47

こんな旅の仕方も有るのですね、原動機を使う僕は真似が出来ません。

憧れです。

投稿: 班長 | 2008.07.22 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ところてんあります | トップページ | 今日は豆楽さんが来てくれました »