« あうべるのシチューなべ | トップページ | これが松屋式コーヒーの味なんだな »

2008.07.24

カヤックの塗装で教えられたなと。

080724_kayakコツコツと毎日仕事が終わってから3、40分づつだけど塗装してます。サンディングシーラーの作業に比べとても楽なので毎日できるのですが、それでも3つのデッキ部分をそれぞれ5回づつ塗りました。やっとムラがなくなって良い感じですね。

最初の頃は塗料をそのまま塗ってムラムラになるので、ペーパーを掛ける、でも全然ムラが多くてこれじゃ何のためにサンディングシーラーを塗ってペーパー掛けをしたかわからないようなことになっちゃいました。まてよ。と思って薄く薄く塗るようにしたらとてもキレイに塗れるようになったんです。一見ベニヤ板にはみえなくて樹脂とかグラスファイバーみたいでしょう?

まだまだこの上にイエローを塗るのですが、その前に今度はボトム(船底)部分を塗ります。ここまでの作業で塗装のうまいやり方がだんだんわかってきました。一気に厚く塗るのではなく、水である程度薄めてから何度も何度も塗り重ねていくことが結果的にきれいな仕上がりなるんですよね。

ええ!? それって塗装だけじゃなく、人生のいろんなことと同じじゃないか! って思いましたワインもじっくり熟成させるとおいしくなり、人生でも仕事でも、恋ででも、人間関係でも、急いだら良いものなんて生まれない、少しづつ少しづつの小さな地道な積み重ね。近道なんてないんだ、そう思います。

|

« あうべるのシチューなべ | トップページ | これが松屋式コーヒーの味なんだな »

コメント

アーキテック管理人さん、こんにちは!
みなさん、それぞれの道を長く歩んできて、それぞれのメッセージに深みを感じますね。さすがだな。

僕は本当に短気で飽きっぽいんですよ。でも途中でコース変更をしてしまったときは、どうしても遠回りでもそっちをめいっぱいやっちゃうという変人です。(笑)

おおきに!さん、こんにちは
川の本流を行けか。その師匠さんは面白い人ですね。
進水式はこのペースだと9月になっちゃうかも。っていうか少し涼しくなった時にやれば、進水式兼飲み会ができるかな。な〜〜んてそっちがメインだったりして……。

投稿: マーベル | 2008.07.25 17:52

もう、すぐそこに進水式が見えてきましたね。
塗装で人生を教えられましたか、うーむ。

私のカヌーの師匠は、カヌー(川)はサラリーマン道に通じると教えてくれました。
まず、本流を進むのが基本。そして、小さな障害は乗り越え、大きな障害があったら回り込む。これはサラリーマンの処世術である。

そうやってサラリーマン道を極めた師匠は、現在ミュージシャン兼アーティスト兼じいさんやってます。
尊敬する師匠ではありますが、あの師匠に出会わなければ、私もまっとうなサラリーマンでいれたかも...

投稿: おおきに! | 2008.07.25 09:01

すぐそこにゴールが見えてきましたね。

応援団もたくさんいらっしゃるようで
進水式の画像を楽しみにしています。

それにしても気が長いですね・・・・笑
私にはまねできないなーーー
私は短気で薩摩弁の「いっきせい」です。
(すぐやってしまえの意味)

ええ!? それって塗装だけじゃなく、人生のいろんなことと同じじゃないか! って思いましたワインもじっくり熟成させるとおいしくなり、人生でも仕事でも、恋ででも、人間関係でも、急いだら良いものなんて生まれない、少しづつ少しづつの小さな地道な積み重ね。近道なんてないんだ、そう思います。


そうなんです。私が中学生の職場体験でいつも言っていることなんです。
階段を十段飛びで上がっても体力(知力)がなければ
踏み外してまっさかさまに落ちます。
1歩一歩踏みしめながらあがれば自然と夢に近づいていきます。

夢を実現するには回り道も必要です。

     アーキ・テック 管理人

投稿: archi-tech | 2008.07.25 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あうべるのシチューなべ | トップページ | これが松屋式コーヒーの味なんだな »