« アウトドア好きは手作り好き | トップページ | 岡崎ジャズストリートへ行こう! »

2008.10.26

ネットもいいけど、本はやっぱり面白いよね

081026_book_2今日の僕は「読書の秋Day」です。「だれかに話したくなる小さな会社」と「コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな」の2冊を読みました。1冊目の本はいわゆるブランド戦略の本なんだけど、このところこのテーマの本を読むことが多いです。アウベルクラフトを16年やってきていろんなこと(前半は殆どが辛くてどん底だったのですが)を経験して最終的にこんな会社にしたいって思っていることがあります。

「大きな会社にはしない」「営業はしない」「宣伝はしない」「みんなから応援されるようになる」「みんなが喜んでくれることがしあわせ」「この会社で働くことが楽しいと思える」、他にもありますが、そんな会社にしたいと思っています。

このことを具体的に実践してきたので、結果的にこの本が言っていることと同じようなことをやっていたような気がします。まだまだ、やるべきことはいっぱいあるけど、これからしばらくは僕のテーマは「小さくてもブランド力のある会社」にすることです。さっそく○○○○をつくろー。

それから2冊目の本ですけど。中性脂肪が高くてずっと薬を飲み続けています。もう2年ほどでしょうか。でもずっと思っていることがあります。それは医者に通っているけど「自覚症状がまったくない」ということです。この本を読んでわかりました。僕は薬なんか飲まなくてもいいのです。ちなみに僕の場合、LDLコレステロール:95mg/dL(正常、つまり悪玉コレステロールはOK)、中性脂肪:417ml/dL(基準値30〜149)本では1000以上でなければ薬物治療の必要ないと書かれています。

つまりどういうことかというと、基準値がベスト、つまり文句なく健康なってことです。じゃ、これからはずれたら即治療ということではないんですね。基準値は薬物治療開始基準を表記しているものではない、ということです。みなさんそういうふうに思っていましたか? 住民検診で結果が出て再検査要注意判定が出る。病院にいく。言われるままに薬をもらう。そういうことをやってたんだなあってことを思いました。

とはいえ、そのかわりやることがあります。今でも自転車通勤をしてますが、加えて夜に筋トレをすることです。それから「腹が減ったら食事をする」ということ。つまりお腹が減ってなくて食事をすると中性脂肪が減らないということです。

やっぱりなー。って思います。日本の医者はすぐに薬を出したがります。必要ないのにこうやって薬をだす。このことで膨大な医療費がこの国には必要になってしまっているわけです。メタボ検診についてもたくさんのおかしなことが行われているってことをもっと知っておかないといけないですね。何でも医者にお任せではなく、僕たち自身ももっと勉強しましょうね! そして必要のない人に不必要なお金を使うのではなく、本当に困っている人にこそそのお金を回して治療をすべきだと。

2冊を読み終わってから今は青空文庫から「吾輩は猫である」をダウンロードして読み始めました。これが結構面白いのです。??って今まで僕はこの本を読んだことがあったんだろうか?たぶん学校の読書感想文か指定図書かで、最初だけちょっと読んでそのままだったような気がします。これからこの頃の本を読みますよ。みなさんもぜひ!

|

« アウトドア好きは手作り好き | トップページ | 岡崎ジャズストリートへ行こう! »

コメント

gochaさん、自分の治癒力を高める。まずはこれですね。がんばりましょう!

E-GOTOHさん、その通りですね。何事も医者任せはいけないとつくづく思いました。

投稿: マーベル | 2008.10.27 16:54

「中性脂肪」、「高脂血症」身につまされます。
マーベルさんの考え、とても参考になりました。
同じ成人病予備軍?として、かしこく戦い抜きましょう。

投稿: E-GOTOH | 2008.10.26 20:50

宣伝はしなくても口コミが大切ですね!
結構 某国営放送の影響が大きかったりして・・・!

健康は、自然治癒に勝るものは無いと思っています。
ちょっとつらいですが・・・!

投稿: gocha | 2008.10.26 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウトドア好きは手作り好き | トップページ | 岡崎ジャズストリートへ行こう! »