« 柴田隆二(りゅうじ)が法隆寺に行ってきました。 | トップページ | 今、グーグル図書館にいます。 »

2008.11.22

夢を夢のままでなく…

081122_saienずっと寒い日が続いていましたね。僕のベランダ畑は殆ど陽が当たらないのですが、それでもちゃんと芽を出してくれました。今日はラディッシュの間引きをしました。間引きをしたものをちょっとかじってみたんだけど、これはカイワレダイコンの味がする。今日はサラダに使おうと思います。

エンドウやソラマメも全部じゃないけど芽を出してくれました。E-GOTHO式の簡易温室法(そんな名前ないけど)で、殆ど水やりなしで土が乾燥しなくて楽です。どういう方法かというと、プランターやポットに透明のビニールをかぶせただけです。どこにもそんな方法書いていなかったので本当に助かりました。

今日はぽかぽか陽気なので、エアコンの室外機の上にわずかに陽の当たる場所を見つけ、そこに移動させました。棚のようなものを作ってそこで育てるようにしようかなあー。とか思ってます。そんなことをやっていたら、そうだ、アウベルファーム。と思いだしました。

いろんな人にアウベルクラフトの夢を語っていますが、ホントに実現するのかよ。って思われてるかもしれません。(郊外に社屋兼直営ショップを作って教室やミニライブやキャンプができるようにしたいという夢です。)もう10年以上前から言ってるのに殆ど何も変わっていないですからね。でも僕の中では着実に一歩一歩前に進んでいます。

この話を知人に話すとみんなぜひ実現しようよと言ってくれます。この夢をアウベルクラフトを応援してくれる人たちと共有したい。じゃ、それを話だけじゃなく目で見えるようにしたらもっとわかりやすいよね。そう思って友人でイラストレーターのすぎうらこうめいさんにお願いして描いてもらうことになってます。

081122_shop畑仕事(そんな大したことじゃないな)を終えて、あれこれ想像しながらスケッチを始めました。描いていくうちにいろいろ想像してワクワクしてきました。社屋兼ショップはコの字型にしてその内側はウッドデッキにしてオープンカフェ。ここで週末の夜はミニライブもやろうよ。社屋の横にはアウベルファームを作ろう。ウッドデッキの向こうには芝生のきれいなキャンプスペースが広がり、その向こうにはカヌーができる池がある。

そんなことを考えながらスケッチを描いていくと、スケッチが徐々に頭の中で映像に変換されていきます。こういうことじゃないでしょうか、夢を実現していくということは。つまり、夢というのは漠然としていて遠くにあるものなんだけど、できるだけ具体的に目に見えるようにすることでそれを実現したいと強く思うようになるんですよね。いや、ホントにそうだと思う。

というわけで、できるだけ早いうちにみなさんにもコレって見てもらえるようにと思っています。どうぞお楽しみに!

|

« 柴田隆二(りゅうじ)が法隆寺に行ってきました。 | トップページ | 今、グーグル図書館にいます。 »

コメント

gochaさんの言うとおりだと思います。もちろん結果が伴えばそれにこしたことはないのだけれど、でも、動き出すためには、「初めの一歩!」と声を出さないといけないでしょう。小さいときやりませんでした?この遊び。「はじめのい~っぽ」この精神でしょう。今私たちが一番必要と思っているのは!

投稿: 鹿又文昭 | 2008.11.25 21:50

>夢を夢のままでなく…
夢が無くなってしまっては、・・・!

夢に向かって動くことが活力になっていると思います。
一歩一歩向かっていくことの中に楽しみを見出さなくては・・・!

投稿: gocha | 2008.11.22 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柴田隆二(りゅうじ)が法隆寺に行ってきました。 | トップページ | 今、グーグル図書館にいます。 »