« 飴ニモマケズ、風邪ニモマケズ | トップページ | 御嶽山がみえた〜! »

2008.12.14

寒さに耐え、大きく育て!

081214_saien12月なのにポカポカ陽気が続きますね。今日はソラ豆をポットから新しいプランターに植えかえました。プランターに新しい土を入れる。ふかふかの寝床みたいな優しい土です。ポットの中では根っこが窮屈そうにグルグル巻いていました。これでのびのび育ちますね。

ラディッシュは間引きして移動させ、エンドウもこちらに移動させました。やっぱり根っこが窮屈そうにグルグル巻いていましたからこれでのびのび根を張れます。つるも長く伸びてきたので支柱を長くしました。その後追肥をしてたっぷり水をあげました。まだ陽射しが柔らかなんだけど、これから寒くなるので温室にしないといけないかなって思っています。

こんなちっちゃな畑ですが、土いじりは楽しいです。少しづつ大きくしていつかアウベルファームを作りますね。野菜作りは難しいとか面倒だとか、そういう風に多くの人が思うけど、もっと楽しいもんだってことを別の角度から見つけたいです。みんなで野菜作りを楽しみましょう!

P.S.
実は先週からもう一つのブログを書き始めました。「Ryuji's Bar」です。検索エンジンにはひっかからにようにしたごくプライベートな日記です。気楽に書けるのでいいですね。こちらでも自由に書いてるのですけど、あちらは時には羽目をはずすし、本音も書きますよ。

|

« 飴ニモマケズ、風邪ニモマケズ | トップページ | 御嶽山がみえた〜! »

コメント

E-GOTOHさん、タイムリーなコメントありがとうございました。
実は温室と書いたんだけど、ホントにそれが必要なのかなあと思い始めていたところだったからです。基本は寒さにも強く、冬を越して春に実がなるのだから、そこまでする必要はないんですよね。

「彼らの力と自然に任せる」とっても良い言葉ですね。一番早いのはラディッシュなので今から楽しみにしています。毎朝見るのが楽しみです!

投稿: マーベル | 2008.12.16 14:08

こんばわ マーべルさん
そら豆やエンドウが広いところに植え替えてもらい、喜んでいそうですネ。
この時期の野菜の敵は、霜と寒さです。
霜は屋根に下では降りないと言われています。
寒さにも彼らは小さいわりにがまん強くて、OKです。
この時期は少しずつ根を張り、春になってぐんぐん伸びるための準備をしています。
温室よりも、彼らの力と自然に任せてもいいかも。
ラディッシュは暖かければ、それだけ早く根が大きくなるので、早く食べれていいですね。

投稿: E-GOTOH | 2008.12.15 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飴ニモマケズ、風邪ニモマケズ | トップページ | 御嶽山がみえた〜! »