« これは何でしょう? | トップページ | サクラサク! »

2010.02.02

ミードができた

100202_mead_01今年の1月の中頃に始めたミード作り(ジャミー君とサミー君)ですが、その後は僕のデスクの上で発酵しているようすをただただ見守るだけでした。しかし、ただぼーっと見てるだけじゃいけないだろうと思って、毎日同じ時間に発酵の様子を記録することにしたのです。

どういうことかと言うと、発酵栓は発酵するとビンの中で発生する炭酸ガスを抜くときに外気が入らないように水の層を作ります。ガスが抜けるときに「ポコッ・・・・・・ポコッ」と水の層が音を立てて動きます。このタイミングを計るのです。

最初の9日は両方ともだいたい8秒から10秒くらいでした。
ところが10日過ぎから変化が現れたのです。
予想に反してジャミー君(ニホンミツバチの蜂蜜の方)は倍くらいの間隔になってついには2分に1回くらいになっていったのです。

これはレースの途中で息切れしたのか!?
もう一方のサミー君(サクラ印の蜂蜜の方)は相変わらず一定のタイミングでガスが抜けています。
う〜ん、どういうことなんだろう。

そう思いながらも今日は完全にジャミー君は動かなくなって試合終了!

100202_mead_02それぞれラッキング(澱引き)して、味見をしてみることにしました。
まずはサミー君(右側:サクラ印)です。やはりまだ少し甘みが残っていて口の中で炭酸を少し感じます。うん、悪くはない。

では、ジャミー君(左側:ニホンミツバチ)はどうか!
ちょっと緊張します。
うん、香りはしっかりした蜂蜜独特の良い香りがする。色も本当に黄金色でとても美しい。
少し飲んでみる。
完全に発酵が終わっていて少し酸味が加わって割としっかりした味だ。
いいぢゃないか!(というより、もっと早く終わるべきだったけど)

この段階ではまだ完成ではなく、これからまだ熟成期間をおいてからどうかということになるので、とりあえずビン詰めしよう。

まず、サミーはまだ甘みが残っている。だからこのままビンに詰めるとかなりスパークリングになってしまう。それとジャミー君は甘みが欲しいので少しだけ蜂蜜を入れよう。ということで両方とも60℃で約30分湯煎して完全に発酵を止める。さらにジャミー君には蜂蜜を加えてっと。

100202_mead_03そのままワインボトルに詰めて、あとは熟成期間を1〜2ヶ月おいてから飲むことにします。さてどんな味になっているか。とても楽しみです。

これまでのまとめをすると。
ニホンミツバチの蜂蜜で作ったミードは、確かに栄養分がたっぷりあるので、その栄養で見た目とは違ってかなり早く発酵が進むということ。逆に言うと、もう少し早い段階で少し甘みを蓄えている状態で湯煎してビン詰めをした方が優しいミードに仕上がるということかもしれません。

そして、サクラ印の蜜蜂で作ったミードは正直言って薄っぺらい味。このままでは物足りないので、果実を入れたり、果汁を加えたり、ハーブを入れてドライミードにしたりとブレンドすることが大切なんだということがわかった。

さらに、ニホンミツバチの蜂蜜なら、これらのブレンドをすることで、より深みのあるおいしいミードができるってことだ。つまりミード作りはやっぱり原料になる蜂蜜の質がとても重要ってことですね。

多くのみなさんにぜひミード作りを楽しんでもらいたいって思います。小諸市の土屋さんご協力ありがとうございました。また後日熟成後にご報告させていただきます。

(ご注意:日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁止されていますので、発酵前の糖度が2%未満になるようにして作りましょう)

|

« これは何でしょう? | トップページ | サクラサク! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミードができた:

« これは何でしょう? | トップページ | サクラサク! »