« ワインのラベル作りを楽しもう! | トップページ | 入り口が笑っています ^-^ »

2010.03.31

僕の想い(ちょっと長文)

僕たちアウベルクラフトは「身近な手作り、身近なアウトドアというテーマ」でずっと16年も「手作りキット」を作り続けてきましました。
「手作りの楽しさ」
「手作りのおいしさ」
「手作りならではの食の安全」
「手作りならではの心の温もり」
「手作りで生まれる人と人との絆」
「手作りできる人ってカッコイイ!」

これだけ並べても「手作り」って素晴らしいって思います。本当にいろんなことが僕たちが作った手作りキットで少しずつ良い方向に向かっているんだなあと実感しています。

でも正直に言うと、僕は手作りキットの会社をやっていて、多くのキットを作り、多くの人たちにその良さを伝えて使ってもらいたいと思っているものの、「手作りキット」の世界だけでは物足りなさを感じています。そして本当にこれがやりたかったのかなあ、とさえ思っています。

たまたまスモークキットという「手作りキット」を作って販売したらいっぱい売れました。話題にもなったし、多くの人が喜んでくれました。それなら他のキットも作ってみよう。その程度の理由で出発したので、特別「手作り」ということに強い思い入れがあったわけではないのです。もちろん新しい物を作り出すのは凄く楽しかったし、良い物を作るということだけは他の誰にも負けない気持ちで取り組んできたのは間違いはありません。

そしてインターネットを使って商品の販売を始めたのが1997年の1月、今から13年前のことです。僕らはこの世紀の大発明によって、近い将来にはこんな小さな会社でも充分やっていける世の中になると確信しました。もちろん今日ここまで来るのに紆余曲折の連続で本当に苦しいいばらの道でした。でも僕たちは誰にも邪魔されずに自分たちが思ったように自由に商品を作り自由に販売できています。こんなに幸せなことはありませんよね。

間違いなく幸せなんだけど僕たちは本当にこれをやりたいんだろうか。そしてこのまま死ぬまで「手作りキット」をつくる会社でいいんだろうか。このことはいつも思っています。かと言って「こういうことをやりたいんです!」という具体的なものがあるわけでもないので、かえってモヤモヤが大きくなっているように思いますけどね。

でも一つだけずっとみんなに言い続けていることがあります。
「郊外に直営ショップをつくってクラブハウスのようなものをつくりたい」
おー、いいぢゃないか。と思いながらも具体的な計画もないし、何も行動を起こしていません。本当に心からそう思って言っているんだろうか。と自分を疑いたくなります。

と言いながらも妄想を続けている自分がいます。大きなスケールじゃなくて、むしろ小っちゃくてこぢんまりとしたまるで「トムソーヤの隠れ家」のような良質で、ちょっと怪しげな小さなディズニーランドのようなお店を想像しています。

その中には「手作りキットを使った教室」があったり、「石窯ピザのミニレストラン」があったり、「ミニライブハウス」があったり、「ミニシアター」があったり、「ミニライブラリー」があったり、外には「ミニファーム」があり、「ミニキャンプ場」があります。なぜかみんなミニ……。あー、こうしてても妄想は膨らんでいくばかりで、ますます実現が遠くなってしまいますね。

僕が生きているうちに全部を一気にできなくても、その中心のクラブハウスを作ることができればいいなーって思っています。ちょうどディズニーランドのアトラクションが少しずつ増えていくようにね。

今はインターネットというバーチャルな世界で多くの人たちと繋がっています。それはそれで遠くの人たちと繋がっている素晴らしさを感じることができますが、やっぱりライブで人と会ってハートとハートがスパークする感覚が僕は大好きなんです。しかもどこか波長が合う人たちって「類は友を呼ぶ」みたいなところがありますよね。

15年ほど前、AFC(アウベルクラフト・フレンドリー・クラブ)という800人程のクラブを作ったことがあります。ここに集まってくれた人はまさに「類は友を呼ぶ」というステキな人たちばかりでした。キャンプミーティングをすると、そのキャンプ場全体が本当に心地のよい空間になりました。キャンプ場のオーナー達も異口同音にいつもと違う気持ち良さがあると言ってくれましたが、こういうことっだってやればできるんだなって実感したのです。

その頃のアウベルクラフトは手作りキットの会社ではなく、オートキャンプ用のタープ専門メーカーでした。純粋にアウトドアが好きな人が多かったのですが、ただアウトドアが好きというよりもアウベルクラフト(つまり柴田bros.ですね)に共感してくれた人たちでした。だからまるで僕たちの長年の友達のような気がする人たちばかりでした。

もう一度アウベルクラフトのクラブを作りたい。その想いがずっとあるからその延長として常設の「クラブハウス」を作りたいと願っているんじゃないかなあと何となく思います。手作りキットとかアウトドアとかそういうくくりではなく、そういうテイストを持った人たちが集まって心地よい空間を作りたい。そのために今手作りが好きな人たちと繋がっていたいんだろうなー。そう思っています。

いったい何を言いたいのかまだ僕もはっきりわからないし、これだけじゃない気がするけど、今日思ったことをブログに残したいと思ったので書いてみました。何となくでも僕の想いの一部は伝わったでしょうか?

|

« ワインのラベル作りを楽しもう! | トップページ | 入り口が笑っています ^-^ »

コメント

みなさん、温かい言葉をかけていただきありがとうございます!
きっとみなさんの力を合わせて何かやったらすっごく面白いものができるし、きっと楽しくてしかたがないでしょうね。一歩一歩でも前に進んでいきたいと思っています。どうぞよろしくー!!!!!

投稿: マーベル | 2010.04.01 15:08

私も、なにができるっていえませんが、できることをできる範囲でお手伝いさせていただきます。

あ、言っちゃったから ほんとにやりますよ(^^)

投稿: おおきに! | 2010.04.01 08:23

充分伝わりますよ~sun

私は手作り大好きで(主に食べ物)色んなものを作りたいのですが、限界を感じることもあります。

それこそ、モッツアレラチーズが自宅で作れるなんて、すごい驚きで

「手作りチーズキットありがとう!!!!」

と叫びたいくらいのものです(笑)

やりたいと思うことが変わって行ったり、やりたいのに中々そこまでいけないということがあっても良いのではないでしょうか?cat

ああだったらいいな~こうだったらいいなあ~って考えるだけでも楽しいですもんね♪実行する方がもっと楽しいですが☆

これからも色んなもの開発(?)してくださいね♪楽しみにしています。

投稿: ノンノン | 2010.03.31 21:57

マーベルさん こんにちは ひげ@愛知です。
AFCに参加していた者として 意見させて下さい。

AFCでのキャンプ大会はめっちゃ楽しかったですよ。子供たちも大きくなりましたがあの頃の事はよく覚えてます。あの頃のアウベルも今のアウベルも同じように「手作り」と「人のつながり」にこだわっていると思いますよ。アウベルの製品に共通してる「使って楽しい、ほんわかできる」ものがあると思います。だから今でもアウベルは好きですし、私はコーヒーキットで一番おいしい自家焙煎コーヒーを毎週休みに焙煎して、日常飲んでますし、燻製もアウベル風の作り方で継続して10年以上やり続けています。ミニクラブハウスも賛成ですよ。大きくなりすぎると全部に目がいかなくなってしまうような気がします。うまく言えないけど クラブハウス作りや運営のお手伝いを応援しますよ!

投稿: ひげ@愛知 | 2010.03.31 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/47958537

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の想い(ちょっと長文):

« ワインのラベル作りを楽しもう! | トップページ | 入り口が笑っています ^-^ »