« あしたのぼくへ | トップページ | 鳶職の仕事を間近で見て思ったこと »

2010.12.28

今年最後のブログ

101228_book
この前ブログを書いたのが11月22日ですからもう1ヶ月以上たってしまいました。明日は仕事納めなので今年最後のブログだけは書かなければと思ってエントリーページを開きました。

実はあのブログの二日後に父が倒れました。その後意識が戻ることなく11月26日に息を引き取りました。それまでとっても元気だったのでまさかという感じでした。87才と長生きだったし苦しむこともなく息を引き取ったので、寂しい気持ちとともに安堵感さえ感じてしまい複雑な気持ちです。でも、今になるともっといろんな話をしたかったなあと思いますがそれは叶いません。

数年前に母も亡くして今は両親が二人ともいない。こんなことはいつかくると分かっていてもとても寂しいものですね。逆に言うと、今僕は家族をもっともっと大切にしないといけないなあって思います。

僕の2010年はあまり良い年ではありませんでした。好きな旅行にも出かけず、ライブにもでかけず、家の中でじっとしていることが多かったし、自転車通勤も殆どしない、好きな趣味、釣りやギターや無線もやろうとしなかった。毎年楽しんでいたベランダ菜園もやらない。一体どうしてしまったのだろうか……。

でもふさぎ込んでいたわけではないし、気分が悪いとも思わない。きっと今までの疲れが溜まりに溜まって神様が今年はしっかり休めと言ってるのだろう。そう思っています。でもかといってこれはこれで僕の人生の大切な意味のある一年でした。

出かけることは少なかったけれどそのぶん本をいっぱい読みました。今まではビジネス書が好きだった僕ですが今年は殆ど読んでいません。むしろ「人間とは」「生きるとは」「幸福とは」「笑うとは」などに関しての本をよく読みました。中でも「夜と霧」は何度も読みました。もし知らない人がいたらぜひ読んで欲しい一冊です。

個人的にはこんな一年だったのですが、一方でアウベルクラフトという会社を兄と一緒にやっていてこちらの方も実は詳しくは書きませんが紆余曲折の一年でした。ま、1992年に始めてからずっとそうではあるんですけどね。

毎週金曜の午後はスタッフミーティングをするのですが、最近のテーマは殆ど「一流のおもてなしができる会社にするにはどうすべきか」、「どうしたらユーザーやこれからユーザーになってくれる人たちと近い関係になれるか」、「どうしたら僕たちの想いを伝えられるのか」などです。

僕たちの会社には売上目標はないし、事業計画も立てない。新商品だって無理して考えない、だから企画会議なんてありません。さらには最近になって会社概要の経営理念もありえないくらいシンプルにしました。なんてテキトーな会社だと思われるかもしれませんが、全て僕たちが考えに考え抜いた上でのことです。(その一部を書いたのが七月に書いた「これから僕たちがやろうと思っていること」というエントリーです)

僕たちは「商品」を売るためにはどうすべきかというビジネス的なことは考えていません。僕たちがもらったものをまた多くの人たちにお返ししたいという気持ちでやっているのだと思います。そのためにどうすべきがテーマです。僕たちがアウベルクラフトを始めようとした時から今日まで僕たち自身の力でいろんなことができたとは思っていません。

たぶん「天の力」のようなものが僕たちに特別な力をくれて、できないことと思っていたことがやれてきました。とても不思議なことがいっぱい起こったのです。これは絶対に僕たちの能力じゃなく別のところからきた力だと。(変なこと言うなと思われるかもしれませんね)

偶然ですが最近になって僕たちが思っていること、僕たちがこれからやっていこうと思っていることが「才能の枯渇について (内田樹の研究室)」に書かれていました。これは必見です!ぜひみなさんにも読んでいただきたいと思います。この記事のお陰で僕たちのやっていることは間違いないんだという勇気を与えていただきました。

アウベルクラフトを始めて19年、僕たち柴田兄弟は兄が60才に僕は57才になりました。リタイヤする気持ちはないのでこのまま好きなことを続けていきますが、残りの人生は僕たち自身が楽しみながら多くの人たちに返礼していきたいと真剣に思っているのです。

2011年のアウベルクラフトの具体的計画はあえて立てていません。でもたぶん面白いことをいろいろやっているはずです。そして僕も元気を取り戻しているはずですから、いろんなことを楽しんでいるはずです。

今年もあと3日あまりですが僕たちを支えていただいているみなさん、本当に今年一年ありがとうございました。そしてみなさんにとって2011年が素敵な年になりますように心からお祈りしています。

|

« あしたのぼくへ | トップページ | 鳶職の仕事を間近で見て思ったこと »

コメント

ノンノンさん、こんにちは
暖かいお言葉ありがとうございます。

イベントのご提案もありがとうございます。
そうですね。ちょっとしたことで良いのでそういう機会を作れたら楽しいですね。今年はそんなことも考えていきたいと思っています。
これからも僕らでは考えつかないことをみなさんから教えて欲しいと思っています。では、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: マーベル | 2011.01.04 15:49

新年あけましたね。
今はじめてこの日記を見ました。お父様が亡くなっていたなんて全く知りませんでした・・・
ご冥福をお祈りいたします。

2011年は私個人としては、なにかイベント的なものを期待しています。バーべキューとかも普通にいいとおもうのですが、人を集めてビールを仕込み出来たころにそのビールで乾杯しながらバーベキューとか・・・(お酒飲めないのであれなんですが)

みんなで石窯から組み立ててピザパーティーとか。

もしくはある週にチーズを作って次週にそのチーズでピザパーティーとか

(ピザばっかですみません)


なんとなく適当なことを書いてみました(・Θ・;)
知らない人とかも大勢でそんな事が出来たら楽しいのではないかと思います。

投稿: ノンノン | 2011.01.03 20:51

E-GOTOHさん、こんばんは
今年もあと少しですね。
今年最後になってとても嬉しいことを聞かせていただき元気がでます。
僕たちはむしろみなさんのこういう応援こそが明日へのエネルギーです。でなければここまでやってこれませんでした。本当に感謝していますよ。
今年は何だか辛い一年でしたが来年はきっと元気になれそうです。
みんなで楽しいことやっていきましょうね。どうぞご協力よろしくです!

投稿: マーベル | 2010.12.31 21:30

 お父様のご冥福をお祈りします。
 そして、僕等の中年の星、マーベルさんの元気回復を期待しています。
 なにもかも閉塞って言う感じの世の中ですが、私は、マーベルさんたちから元気(刺激)をもらい、あきらめすにやってます。
 お互いに、気長に、気楽にそして楽しく面白いことをやってきましょう。
 

投稿: E-GOTOH | 2010.12.31 21:04

Macky、こんにちは!
お悔やみの言葉ありがとうございます。

ひょっとしてと思ったらやっぱり内田先生の受けていたんだね。いいなー!
自分のやりたいことがわからないんですけど、って内田先生に聞いてみたらすごい答えをもらえるかもしれないね。とても深い先生だと思います。

ともかく本を読むというのは絶対にいいと思います。身体を動かすことも大切だけど、本を読むことで人間力が増すと思いますよ。特に自分が興味があることだけじゃない分野を読むといいかもね。

投稿: マーベル | 2010.12.29 16:56

お父様旅立たれたのですね。知りませんでした。
心より、ご冥福をお祈りいたします。

あっという間に月日が経っていきますね。
限られた一生の時間内で、もっともっと…
何か、やりたいのにちっともその何かが分かりません。
う~ん。私ももっと本を読もうかしら。

ちなみに内田先生の授業、受けてました^^

投稿: Macky | 2010.12.29 16:23

gochaさん、こんにちは
だれもがそういうものを持っていてそれを自分だけのために使ってはいけないということなんですよね。そういうことを知っているか知らないかで人生は変わるのだと。
来年もよろしくお願いいたします!

投稿: マーベル | 2010.12.29 10:48

今年も一年を楽しむことが出来たと思っています。来年も 一日一日を楽しんで生きたいと思います。
人は、それぞれ 天から与えられた力を持っているのですね。
その力を失わないように 社会のために また、たくさんの人が楽しめるように使いたいと思います。

投稿: gocha | 2010.12.28 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/50423297

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のブログ:

« あしたのぼくへ | トップページ | 鳶職の仕事を間近で見て思ったこと »