« らくだビールのチェリービール | トップページ | 今日は3,000キロの日 »

2011.05.24

デジタルもいいけどアナログの方が好き

110524_paper

今、アウベルクラフトの売上の多くはインターネットによる直販です。1997年1月、まだネットの夜明けのような時代から始めて14年たちました。当時はまだアウベルクラフトの情報発信は紙媒体がメインでカタログを作ったり、情報紙を作ったり、柴田屋新聞を作ったりしていました。お金はかかるし時間も手間もかかる。でもその方法しかなかったのです。

だから少しでも販路を広げようとショップ回り、通販会社の企画、プレゼント企画、イベントの出展、お話があると可能性があるならどんなことでもやりました。そのわりには一生懸命やっても努力ばかりで大した結果が出るわけじゃない。わかっているけどやるしかない。そういう状況がずっと続きました。

ところが年々インターネットによるアクセスや売上が伸びていきました。これからはネットの時代だ!いや、必ずネットは大化けすると直感的に感じていました。僕は業者に頼らず独学して全ての力をネット作りにかけるようにしました。果たして時代は全てがネットへ突入したのです。

それに反比例するように僕たちは新規の通販企画や業版の商談等を控えるようになりました。手間が掛かってただ売るだけという商談に時間を使うより、もっとやるべきことがたくさんあると思ったからです。でも結果的にその判断は今思うと正しかったと思います。

正直言うとですね。多くの商談は東京や大阪などの大都会で超高層ビルにある会社。岡崎のようなのどかな地方都市からきた僕は本当に息苦しくてたまらなかったのです。それに一流の会社で働くエリートの人たちとの会話に何とも言えない違和感を感じたのです。

自分の気持ちに正直にアウベルクラフトを運営していきたい。そのために無理をしない。嫌なことはしない。それでいいじゃないか。そう思ったらやっぱりたとえ棘の獣道でも自分の力で開拓して行く方が僕たちにあっていたと思います。

つまり僕たちは「直販のみ」の販売への道を開拓していたわけです。販売会社や企画会社などの力を借りずに自分たちだけの力で直接ユーザーに販売して会社がやっていけるようにしようという道です。

ネットによる発信力は偉大な力があります。検索で「石窯」と打てばアウベルクラフトが一番上に出てくる。そしてその内容をできるだけわかりやすくし、できるだけ親切にし、ここで買おうを思っていただく。わざわざこの岡崎まで来なくてもネットで買える。それにネットから新しい情報をどんどん発信できる。本当にすごい時代です。

さらに時代はYouTubeやUstream、Twitterやfacebookというソーシャルネットの時代に入っています。僕たちもそのコンテンツを増やして行こうと思っています。大きな流れにしなやかに乗っていくのも僕たち流です。ところが僕たちが作っている「手作りキット」というどちかというとアナログ的なもので、これをネットというデジタルを使って販売する。面白いと言えば面白いけどどうなんだろう?

でもね。
正直言うと心の隅ではそれもいいけど「アナログ」や「アンプラグド」や「ライブ」の方が本当は好き。ネットもいいけど手に取れる印刷物が好きだし、実際に遊びに来てくれる人たちとお話しするのが好き。スモーク教室などのライブが好きだし、やっぱりお店で直接対面で販売する方が好きなんだよね。

この想いはずーっとあるんだけど、それを実現させるためにはもっとスタッフがいるし、もっと広い社屋がいる。つまり「最後はお金」なのか。と思うとなんだか空しくなるけどこれが現実なんですよね。

でもできることからやります。
前から復活させたいと思っていた印刷物をまた始めます。それもこんなミニカタログのようなものでもいいから僕たちの分身がみんなの所に行って何かを伝えられるとしたら、きっとそれはネットでは伝わらないもっと暖かいものになるのかもしれません。

P.S.
延期していた「スモーク教室」も6月25日(土)に再開させます。これから教室というライブも積極的にやっていきますのでみなさんどうぞよろしくね。

|

« らくだビールのチェリービール | トップページ | 今日は3,000キロの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/51758243

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルもいいけどアナログの方が好き:

« らくだビールのチェリービール | トップページ | 今日は3,000キロの日 »