« これが僕たちのやりたいことの一つの形 | トップページ | フルーツビール作り第一弾 »

2011.07.25

自由研究は手作りキットで

110725_jiyukenkyu

さあ、子どもたちは夏休みに入りましたね。子どもたちにとってはこんなに長い休みを自由にしていられるんだからまずはいっぱい遊びたい。ずっとずっと毎日外で遊んでいたい。宿題なんか後回し。あとでまとめてやればなんとなかるさ。あれ!?これって僕の子どもの頃の夏休みじゃん。

ま、僕たちの時代はそんなものでしたけど、今の時代はきちんと遊びも宿題もちゃんとやっているんでしょう?どうですか?知りたいなあ。ホントに。おかあさん。最近の子どもたちの夏休みの過ごし方を教えてくださいね。

さて宿題と言えば自由研究。この自由研究をどうするか、みなさん意外に苦労されているようですよ。それならアウベルクラフトの手作りキットで自由研究をしましょう。例えばチーズ作りや納豆作り。これらは牛乳や大豆を「発酵」させてつくる食べ物ですね。

「発酵」という言葉は知っているんだけど、実際に発酵ってどんなことをするんだろう。原料が発酵によってどんなふうに変化していくんだろう。発酵の条件ってどんなことだろう。発酵する過程で臭いや見た目でどんな変化があるんだろう。そして完成したチーズや納豆はどんな味だろう。

こんなふうにまるで実験をやっているように、その過程をじっくり観察することで、いろんなことがわかります。それにその変化するのを見るのが本当に楽しい!そうです。自由研究は楽しくなくてはいけないのです。お母さんやお父さんといっしょに自由研究を楽しむことがいいんですね。

夏休みの自由研究や工作はアウベルクラフトの手作りキットでというホームページでは10種類のキットをご紹介しています。ぜひこれらの中からテーマを見つけてチャレンジしてみませんか? 正確に言うなら子どもたちにこんなテーマがあるよと教えてあげませんか? そうそうおまけというか、これらのキットにはベルマークが付いていますので集めてくださいね。

実はですね。隠しバージョンで「大人の自由研究」もただ今ご用意しています。子どもだけじゃなく、大人も自由研究にチャレンジしてみませんか?

さて、今日は近況報告も書きますね。

【近況報告:困ったぞ、その1】
実は4日前からメガネを近視用から遠近両用メガネに替えました。今までは二つのメガネを使い分けていたのですが、いつも持ち歩くわけにはいかないんですよね。たまたまフレームが折れてしまったのでこれを機に遠近両用に変更することに。たしかにメガネ屋さんで試した時はすこぶる良かった、これはいいと。しかも最初は慣れないですが1週間で慣れます。と断言されたので思い切って買いました。眼鏡市場。超軽量フレーム。遠近両用にしてもお値段は一式ズバリ18,900円のままです。お〜し、買った!

ところが、実際に使い始めてみて「なんじゃこりゃ!」という感じでもうフラフラです。どう説明したら良いかと思うのですが、今までは回りを見るのに目の動きだけで良かったのが、首を動かしてその方を見ないと焦点が合わない。さらにパソコンはピンポイントでしか焦点が合わないので、小刻みに焦点が合う所を探さないといけない。ま、他にもいろいろですがとにかく自分が自分じゃない感覚です。ロボットみたいです。

完全に失敗した!と当日は本当に後悔したのですが、4日たって少し慣れてきました。人間の身体って凄いなって思います。その環境に柔軟に対応していこうと、少しずつでも無意識に修正を加えているようです。このまま少しずつ慣れていけば、ひょっとしていいのかも……。という所まできました。遠近両用メガネを使っている先輩。どうなんでしょうか?

【近況報告:困ったぞ、その2】
昨日はお隣の幸田町のさくらホールへベンチャーズのコンサートに行ってきました。僕の青春はビートルズよりむしろベンチャーズ。本当に今でも大好きです。毎年日本ツアーをやっているのですが今年はこんなに近くでやるというので行ってきましたよ。

110724_ventures

僕の指定席はなんと「前から3列目」目の前がステージです!

しかし。だ。しかし。

一番右の席。一番右端…。

つまり。

僕の目の前には超大型PA(スピーカー)2基がど〜んと置いてあります。ということは?ひょっとしてひょっとする??

まさか。。。

そのまさかと心配していたことが開演直後に起こりました。

大、大、大、もう一つおまけに超巨大な音の塊が僕の耳の鼓膜を揺さぶりました。もう凄いのなんのって、大好きなベンチャーズサウンドが、本来なら心地よいサウンドが、まるで地獄のような修羅場と化しました。いつまで堪えられるだろうか。いや、きっと慣れるに違いない。そういうもんだ。人間の耳は順応するんだ。きっと。と言い聞かせるもすでに鼓膜の領域を超え、脳みその奥までその響きがかき回し始めました。このまま最後まで堪えられるのか。その前にバタンキューか。

そして45分経過。何と天の恵み!神様は僕に助けをくれました。
15分の休憩が入ったのです。速攻トイレに向かい。トイレットペーパーを丸め、水道水に浸け、簡易型耳栓を作りました。右に2個、左に2個押し込みました。やった、これはヒット作だ。そして後半が開演しました。

ははは、やったぜ!りゅうちゃん!この耳栓効果のお陰で後半は本当に楽しく聴けましたよ。リードギターのジェリー・マギーが僕の目の前までやってきて笑顔いっぱいで弾いてくれました。思わず目が合ってしまって、痺れました。本当に本当に感動の連続。前半もこうだったら良かったのにね。(笑)

ちなみに、「柴田隆二作、特製超簡易型トイレットペーパー製耳栓」をあまりにも耳の奥に突っ込んでしまったので、なかなか取れなくてちょっと焦りましたけどね。

というわけで興奮冷めやらぬ今日。ベンチャーズの教本を引っ張りだしてきた僕です。第2の青春が待ってるぜ〜♪

|

« これが僕たちのやりたいことの一つの形 | トップページ | フルーツビール作り第一弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/52305433

この記事へのトラックバック一覧です: 自由研究は手作りキットで:

« これが僕たちのやりたいことの一つの形 | トップページ | フルーツビール作り第一弾 »