« 開発ストーリーの連載を開始します | トップページ | 「手書き」でいこう! »

2014.01.15

経済から文化の時代へ

今日はアウベルクラフトのホームページをリニューアルしました。心機一転、新たな気持ちになって次のステップに上がる年にしたいと思います。今日はその想いを書きますね。(この文章は同じ内容を「僕たちの熱き想い」にも載せています)


アウベルクラフトは空飛ぶ飛行船

飛行船アウベルクラフトには売上目標はありません。事業計画もありません。いわゆる会社経営としての教科書はあえて捨ててしまいました。これは長年いろんなことを勉強して、実践して、学んで、やっと見つけたぼくたちのやり方です。

5人という小さな会社ですから、こまめにコミュニケーションをしながら、自由に進路を軌道修正していくやり方が一番いいと思っています。この飛行船のようにですね。でも大きなコンセプトはずっと変わっていません。行き先がはっきりしていれば、計画という形式的なものがかえって邪魔になるんです。


絶不調だった2013年の柴田bros.

アウベルクラフト通信とは言いながら、去年は「2013年アウベルクラフトがやろうと思っていること」にも書いたのですが、いろんな計画を立てました。実はぼくたちは二人とも絶不調だったのです。

気持ちも体力も運気もほんとうにどうしようもないくらい最低状態でした。とにかく何にもしたくなかったのです。だからあえていくつかの計画を立てることで奮起しようとしました。でも結果的にはやっぱり絶不調であまりうまく行きませんでした。ある程度は予測していたのですがね。(ぼくたちを支えてくれる他のスタッフみんなの頑張りに感謝感謝)


元気になりましたよ!

その絶不調の嵐をじっと耐えて、二人とも今ではすっかり元気になりました。運気も上がってきました。元気になったぼくマーベルは前からやりたかったホームページの作り直しに没頭することができリニューアルできました。

元気になったぼくたち柴田bros.にはっきり見えているものがあります。まるで濃い霧が晴れ、視界がすっきりした気分です。そのことを少しお話ししたいと想います。

この20年ほどかけて少しずつですが、ぼくたちが理想と思えるアウベルクラフトを作り上げてきました。それは「モノ」ではなく「ココロ」、「ハード」ではなく「ソフト」、「お金」ではなく「豊かな気持ち」という目には見えないけどとても大切なものでした。

ぼくたちの会社がうまくいっているかどうかの尺度は、売上や利益ではなく、ぼくたちに返ってくる、喜びの声のような目には見えないし数字では現せない、けれどとても大切なものです。それが年々確実に大きくなっているのを実感しています。結果として売上などが上がってきているので、それぞれに相関関係があるのだと想います。


「経済」より「文化」の時代へ

アウベルクラフトには売上目標はありません。利益計画もありません。事業計画もありません。株式会社ですから利益を上げるのは当然ですが、それは第一目標ではありません。

こんなことを言うと、何をかっこつけているのだ、企業はまず会社が持っている技術や品質を上げて、利益をあげて成長して、税金を納めて社会に貢献するべきだ。そう言われるかもしれません。でも正直言ってそんな古い考え方にはぜんぜん興味がありません。ぼくたちはぼくたちの社会貢献をしていくのです。

何でそんなふうに思うのかというとですね。いつのまにかこの国が最優先にしていることが経済、つまりお金をもっとも大切にする国になってしまったことに「違うぞ」といいたいからです。

三丁目の夕陽かつてぼくたちが子どもだった頃、昭和30年代、今から50年前の日本はたしかに貧しかった。でもそのぶん、みんなが幸せに暮らしていたのです。

近所付き合いも家族的だったし、とにかくみんなが笑っていた。あの「三丁目の夕日」というコミックや映画の世界はもう過去のことでしょうか? ぼくはそうは思わないのです。

そして時代は経済発展を遂げ、バブルが弾け、デフレ経済、景気低迷が続き、何がなんでも経済発展重視という流れになっています。

ところが、少しずつですが、大切なのはお金じゃない、心の豊かさだ。そう思っている人達が少しずつ増えています。確かに時代は、特に大震災後はそちらに向かっているように感じます。


ぼくたちができること

これからぼくたちがやろうとしていることは「手作りキットでできる文化の開発」なんですね。コーヒーを焙煎する文化。石窯でピザやパンを焼く文化。手作りビールを作る文化。豆腐を手作りする文化。手打ちうどんを打つ文化。チーズを作る文化。

今まではプロや職人さんの世界のものでした。例えばコーヒーを焙煎することはプロの焙煎家の仕事でした。あるいはごく一部のマニアックな世界でした。それをだれでも気軽に楽しめるようにと遠赤コーヒー焙煎キットを作りました。作った当時は「だれがそんなことするんだ、売れないよ」と言われました。でも今では本当に多くの人がコーヒー焙煎を楽しんでくれるようになりました。だからこそその先が見えているのです。

こうして今までない「手作りキット」を長い時間かけて作り、普及し続けてきましたが、まだほんの入口にすぎません。さあ、次のステップだぞ、そんなふうに思っているのです。ぼくたちは「手作りキットで何かを作る」だけで終わりだと思っていません。それではただの道具でしかないからです。大切なのはそこから始まる文化であり、物語であり、ライフスタイルだと想っています。

新しい市場のつくりかた最近読んだ本に「新しい市場のつくりかた」という本があります。この中にこれからの時代、企業がすべきことは「技術開発」ではなく「文化開発」だと書かれていました。「サイエンスではなくアートだ」とも言っています。まったくその通りだと思います。

新しい文化となるようなものを開発して、それを広く文化として普及させていくことが、これからもっとも大切なんだと思います。ぼくたちがやろうとしてることと同じことがここに書かれているんだと思うととても嬉しかったのです。

とはいえ「手作りキットでの文化」と言葉でいうと簡単なんだけど、とても難しいことだと思います。当然ですよね。「文化」という大きな大きなテーマなのですから。でもいいんです。その中のごく小っちゃなことだけど、これから楽しみながら地道につくっていきたいのです

ぼくたちは、手作りキットで新しい文化をつくっていく。そして暮らしのデザイナーであり、アーチストでありたいと思っています。時間はたっぷりあります。これからぼくたちは人生を楽しみながら、そのことをずっと続けていくつもりです。そして日本が文化の国として世界に誇れる国になれるように少しでも貢献できたら幸いです。

|

« 開発ストーリーの連載を開始します | トップページ | 「手書き」でいこう! »

コメント

gochaさん、こんにちは
いいですね。いっぱいおいしいもの食べて楽しんできてくださいな。

投稿: マーベル | 2014.01.30 10:23

再開・再開・・・どんどん楽しめそうですね!!

来週は、讃岐うどん・牡蠣を食べに高松に出かけます・・・!

投稿: gocha | 2014.01.29 23:47

gochaさん、こんにちは
お遍路の旅を始めたそうですね。Kさんもだいぶ前に結願したといろんな話を聞きました。良い経験になりますね。

投稿: マーベル | 2014.01.21 10:54

雪の無い 金沢・・・北陸の雪のイメージが崩れてしまいますね!

今年は、四国88ヶ所 お遍路の旅を始めました。

投稿: gocha | 2014.01.20 22:50

gochaさん、こんにちは。
はい、元気になりましたよ〜。
今年はいっぱい外にでかけます!

投稿: マーベル | 2014.01.16 11:00

元気になりましたね・・・!

文章にして残すエネルギーが感じられます。

暖かくなったら 大きな空の下でいろいろ楽しみましょう!!

投稿: gocha | 2014.01.15 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/58937940

この記事へのトラックバック一覧です: 経済から文化の時代へ:

« 開発ストーリーの連載を開始します | トップページ | 「手書き」でいこう! »