« 経済から文化の時代へ | トップページ | アウベルクラフトのホームページのこと »

2014.02.20

「手書き」でいこう!

愉快さがたりないと思わないかい?

「栄町の愉快な手作りキット工房アウベルクラフト」
と言っているんですが、まだまだ愉快さが足りないなーと思います。

今のテーマは「ストーリー」です。どうしたら “ゆるさ” を感じるストーリーで面白く表現できるか。それをずっと考えていました。例えば石窯キット囲炉裏キットなどを見てもらうとわかるのですが、商品の説明ではなく、ストーリーで語ることを大切にしています。

でも、まだ何かが足りない。
何だろう、何だろう。ずっとそのことを考えていました。
今日ふと一つの答えが浮かびました。そのヒントになったのが以前作った「手書きのニュースレター」です。こういうのをホームページの中でやればいいじゃん。そう思ったのです。

パソコンのイラストではなく、手書きのイラスト。手書き風フォントではなく、手書きの文字。そういうのをあちこちで使えばいいかもしれないと思ったのです。

そのニュースレターはどんなものかは見ていただいた方が早いですね。画像にして貼り付けてみましたのでご覧ください。実際の大きさは幅10センチ、高さ12.8センチで三つ折りの手の平サイズのものです。

まず表紙です。

Act1_1_2

三つ折りを開くと、最初に「アウベルクラフトの愉しみ方、その1」で “まじめ” に作ってはいけません。と言っています。これはぼくたちが一番伝えたいメッセージです。大切なのは「崇高なる遊び心」なんですよと語っています。

Act1_2_2

次のページはお薦めグッズのことを少しだけ。スペースが小さいので……。へたくそなイラストが笑えます。

Act1_3_2

次は4コマ漫画、これは絵が上手なメグ担当。それと土曜ショップの案内と、編集長後記。「やっぱり紙しかも手書きがいいです!!」と言ってますよ。

Act1_4_2

折り返して、兄クラフトの開発者としての手記です。こんな苦労話も知ってほしいです。

Act1_5_2

最後のページはコマーシャルです。ここも手書きだったらいいのにね。

Act1_6_2

プロのウェブデザイナーはホームページをよりかっこよくしたいと思うのかもしれませんが、ぼくは自分ならこうしたいと思うものを目指します。いかにして身近に感じてもらえるか。香りを感じるような、体温を感じるような、手書きのような、そんなサイトができればいいなあーって思います。

というわけで、どこまでできるかはわかりませんが、愉しみながら作っていこうと思っています。その前に、そろそろVol.2も作り始めますね。

|

« 経済から文化の時代へ | トップページ | アウベルクラフトのホームページのこと »

コメント

お遍路さんの旅、歩くには丁度よい季節かなと思います。
また聞かせてくださいね。

投稿: マーベル | 2014.03.26 10:05

桜 満開ですね・・!

先日20日から23日まで 香川県 20ヶ寺お遍路出かけました。
日帰り温泉に 道の駅テント泊 でした。

投稿: gocha | 2014.03.25 20:39

おかえりなさい。よい修行を続けてくださいね。

投稿: マーベル | 2014.02.21 22:55

四国88ヶ所 今月もお遍路さん出かけました。
まだまだ 実感がわいてきません 修行が足りないのでしょう!
ただ、今回もお天気に恵まれました。 

投稿: gocha | 2014.02.21 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71339/59168205

この記事へのトラックバック一覧です: 「手書き」でいこう!:

« 経済から文化の時代へ | トップページ | アウベルクラフトのホームページのこと »