手作り

2016.02.05

毎日、燻製つくってます

160206_sd_smoker01

アウベルクラフトの20周年記念(今から4年ほど前)につくったのがこの「SDスモーカー1992」という、超小型のスモーカーです。正直いって売れなくてもいい。それよりも、思いっきりアウベルクラフトらしく、マーベラスで、遊び心たっぷりな記念となるものをつくりたいと思いました。

このアイディアが浮かんだときは、ほんとうにワクワクしました。でもこのぼくのアイディアを形にする兄クラフトは苦労したと思います。でもたぶん、ワクワクしながらつくってくれたと思います。(開発記録はこちら

そして、できあがったものを発表すると、びっくりするほどたくさんの人から注文をいただきました。多くのメディアでも紹介されました。ほんとうにうれしかったですね。

160127_smoke

この写真はスモークチーズをつくっているところです。おいしそうでしょう?
じつは今、毎日このスモーカーを使って燻製作りをしています。しかも「毎日連続で30種類」です。

160200_smoke

最初の燻製は「タコ燻」です。ゆでたタコに軽く塩をふって味付けするだけです。予想通りのおいしさです。簡単で短時間でできるのでいいですね。


160201_smoke

これは「辛子明太子」の燻製です。見た目もおいしそうですが、おどろきの旨さで即5つ星☆☆☆☆☆に決定です。やっぱり燻製ってすごいなあとあらためて思います。


160202_smoke

つづいて「フグの珍味(干物)」の燻製です。これをつまみに日本酒をちびりちびりやったら楽しいなあ〜。食材ができるだけたくさん乗せられるように、工夫されているのもいいですね。


160203_smoke

そして、これは「焼き鳥(塩味)」 の燻製です。ただでさえおいしい焼き鳥なのですが、こうやって燻製にすると、たまらないおいしさです。今この写真をみてるだけでビールが飲みたくなってきちゃいました。(笑)


160204_smoke

おつぎは「カマスの干物」の燻製です。白身のやさしいおいしさに、燻製の風味が加わると、おどろくほどおいしくなりましたよ。


さて、これらの写真をみると、目の前にできあがった燻製があるように感じてもらえるかと思います。

160205_smoke_3

これは「砂肝の塩炒め」の燻製です。かるく燻製のフレーバーがつくだけで、おいしさがぐーんと増してきますね。

あなたも燻製作りを始めてみませんか? ほんとうに簡単です。そしてびっくりするほどおいしいんです。スモークキットでさあ、始めましょう!
スモークキットのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.14

燻製作りを楽しもう!

150514_smoke2

この1年間、アウベルクラフトのサイトへ来られる方の検索キーワードで、一番多いのは何かわかりますか?

写真をみたら、答えはすぐにわかりますよね。
「スモーク」です。しかも上位10位までのキーワードで、①スモーク、②ベーコン 作り方、③燻製作り、⑥スモークチキン、⑨スモークウッドと5つも入っているんです。たぶん、道具よりも作り方などのノウハウを求めて検索されていることと思います。

ぼくたちが作った手作りキットの第一号がスモークキットですが、当時はまだ燻製作りというのは特別なことでした。道具はアメリカ製の数万円もするものしかなかったですし、専門書も少なかったので、あまりにも敷居の高い世界だったのです。その敷居を低くするためにスモークキットを作ったのです。(開発秘話もぜひ

今ではインターネットや雑誌で簡単に情報が集まるし、道具や材料も簡単に手に入れられるようになりました。さらにテレビでもいろんな番組で放送されています。ちょっとしたスモークブームなのかもしれませんね。

ところで、あなたは燻製作りをしたことがありますか?
もし、まだ体験したことがないのなら、ぜひこの機会に始めてみてください。とにかく最初は簡単なスモークチーズがオススメです。これほど簡単なのに、できあがりがビックリするほどおいしいスモーク食品はないですよ。

150514_smokechhse2

もっと手軽に作るならSDスモーカー1992がオススメ! キッチンで手軽にスモークチーズが作れますよ。

150514_smokecheese

最初はこんな風にチーズやカマボコやウィンナーなど、すぐに食べられる食材から始めてください。そして、次はスモークチキン、そしてハムやベーコンへと、少しずつレベルを上げていくのが上達するコツです。

そして、その道を究めて、自家製燻製のお店を始めようとしている人もいます。いただいた、鯖のスモークは絶品の味でしたよ。

150131_saba_smoke01

こんなふうに書いていて、ぼくもスモークチーズが食べたくなりました。^^
スモークキットはこちらでどうぞ!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.08.08

暑い日は「冷やしうどん」でいこう!

毎日本当に暑い日が続きますね。岡崎は昨日なんと38℃まで上がりました。体温より高い気温ってどういうことでしょうか(@_@) なんだか食欲もなくなってしまいますよね。

というわけで今日は「冷やしうどん」の話題です。手打ちうどんキットは以前スマステで紹介されたことがあり、その時は爆発的な注文をいただきました。本当にすごいですねー、人気番組は。その時の放送の一部を動画に撮りましたのでご覧下さいね。(途中、我が家の猫の声が入りますがご愛敬ということで……)

【スマステ:手打ちうどんキットと木綿豆腐キット(10分44秒)】

はい、それで本題の冷やしうどんですが、先日手打ちうどんキットを使って、実際に冷やしうどんを作っていただきました。その全行程を短く(と言っても15分ほどですが)編集してYouTubeにアップしましたのでぜひご覧下さい。本当においしくて食欲がなかったのに、つるつるで、どんどん食べられちゃいました。さらに、冷やし中華風にして食べましたが、こちらはびっくりするほどおいしかったです。

実はこのキットで作るうどんが極上だというのにはある理由があります。それは「金トビ」という上質なうどん粉を使っているからなんです。この粉の仕入れ先に聞いてみました。
「このへんで金トビを使っているうどん屋さんはどこにありますか?」
すると、これを使っているうどん屋さんは殆どないそうです。それくらい極上な粉だってことですね。

そのくらい極上の味をみなさんにもぜひ味わってもらいたいなあと思います。

【冷やしうどんを作ろう!(14分54秒)】

この動画をみると工程がいっぱいありそうで、面倒なんじゃないかなあと思われるかもしれません。でもそんなことはないですよ。実際にやってみると本当に楽しいので、夢中になって時間が経つのを忘れるほどです。それに家族そろってワイワイ協力しあって作ったらすごく盛り上がって楽しいと思いますよ。

というわけで、みなさんぜひ「手打ちうどんキット」でおいしい冷やしうどんを味わってくださいね。お子さんの夏休みの自由研究にもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

冷た〜いアイスコーヒー飲みたいね!

110622_mizudashicoffee

「いやー!あっつ〜い、ですね〜」

一気に日本列島は蒸し暑くなってしまいました。
そんな時には冷た〜く冷やしたアイスコーヒーがいいですね。(ホントはビールと言いたいけど)

今日はCMデス。
おいしいアイスコーヒーを飲みたいでしょう? そんな方にはぜひウォータードリップコーヒーをおすすめします。ウォータードリップキットというキットなんですが、正直ちょっと値段が張ります。でもね。一回でもこいつで抽出した水出しコーヒーを飲んだら、絶句しますよ。他の水出しコーヒーが一体なんなんだ。というくらい違いがあるんですよ。

ネットで「水出しコーヒーの作り方」で検索するといろんなのが出てきますが、殆どが麦茶を作るのと変わらない作り方だと思います。もちろんそれでも水出しコーヒーなんだけど、本格的なウォータードリップとの一番の違いは「すっきり感、透明感」があるかないかだと思います。つまり純粋で雑念がない澄んだ心を持った乙女のような……。(例えが変?:笑)

続きを読む "冷た〜いアイスコーヒー飲みたいね!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.08

石窯パンがこんがり焼けました〜♪

110608_pan

今日はある雑誌社の取材で石窯パンを焼きました。最近では石窯ピザを焼くことが多いのでパンは久しぶりです。でもパン作りはやっぱり楽しいです。生地をこねたり、発酵させたり、形を作ったり、石窯で焼いたり、それぞれの工程が本当に楽しいんですよ。

オーブンと石窯の違いで一番大きいのが、パンの発酵のタイミングと石窯の温度を丁度良くするタイミングを合わせることの難しさです。パンは発酵したのに石窯がまだ暖まっていないと発酵がどんどん進んで過発酵しちゃうわけです。

逆に石窯の温度が充分暖まっても、パンの発酵が遅れると窯の温度が下がります。でもこの場合は中の熾きを残しておけば何とかなりますね。それにそんなに窯の温度が急に下がることはないのです。

実は今日は発酵が充分なのに窯がまだ充分暖まっていませんでした。こういう場合は窯の中で焼く時間を長くして焼き上げることで何とかなります。いやー、こういうのが楽しいんですよー。その時その時でいろいろ条件とかが変わるでしょう? その時どうしたら良いのかをいろいろ考えるのがね。

というわけで、充分満足な条件ではなかったものの。こんがりと焼けましたよ。クルミとレーズン入りパン。こんなふうにちょっと大きめなパンにすると、外はパリパリ香ばしくて中はもっちりふわふわ、とってもおいしくなります。大きなパンでも石窯の遠赤効果で中までしっかり熱が伝わるのでおいしく焼けるんですね。それにパンの香りがなぜかとっても良いのが石窯パンの特長です。

このクルミとレーズン入りパンはですね。しっかり寝かせてからスライスし、オーブントースターでこんがり焼いて、バターをたっぷり塗って食べるのが一番おいしいです。本当に滅茶苦茶おいしいんです。

さあ、みなさんも石窯パン作り始めてみませんか? ホントーに楽しいですし、ホントーにおいしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.27

アウベルクラフトがこれからやろうと思っていること

110526_isigama_01

昨日は2年ぶりにUstreamからのライブ配信を行いました。やっぱり動画がいいですよね。

実はこのミニ石窯キットの放送は2週間前に予定していたのですが、あいにくの天気(強風)でできませんでした。そして先週はこれからやるぞと準備万端整っていたのですが、直前にアウベルクラフトの前で工事が始まりその騒音でやむなく中止。やっと昨日放送できました。

内容としてはミニ石窯キットの組み立て方、薪の割り方、薪の焚き方、注意することやコツ、そしてどうなったら準備完了なのかという使い方が一つ目。二つ目は実際にピザを焼くところ〜試食。といった流れです。(約1時間30分)

殆ど事前の告知をしなかったのですが15人ほどの方が見にきてくれました。ライブ配信をしながらTwitterとも連動しているので、その都度、「薪割りの基本 勉強になる」とか「パンもやけますか?」「十分温まった温度で何度くらいですか?」など感想や質問もいただき、あー、これがライブの楽しさだ〜!という実感。これは双方向なUstreamならではの楽しさですよね。

110526_isigama_02

これが焼き上がったばかりのピザです。クリスピー風のサクサクした食感と石窯ならではの野菜のジューシーさ、そして薪の独特の香ばしさも加わり、これら全てが一つになって本当に感動的な旨さでした。それがこのミニ石窯キットを使えば自宅でできてしまう。本当にこの石窯君はすごい!

さて、今回からUstreamの画質と音質が以前と比べると格段に良くなったのがお分かりいただけると思います。WebカメラはロジクールC910でフルHD対応ですし、マイクもステレオになりました。だから画面いっぱいの大きさに拡大してイヤホンで聞いてもらうとその臨場感がすごいと思います。

ロジクールC910の画像と音を僕のMacbook Proに取り込んで、最初にCamTwistというミキシングソフトを通します。ここでキャプチャーを入れたりテロップを入れたりもできますが、今回はスルーでデータを次のFlash Media Live Encoderというエンコーダーに送ります。このFMLEで高画質高音質のデータにエンコードし、Ustreamに情報を送り、ここからライブ配信するという手順で高画質高音質配信を実現しています。(UstProを使えばいいけど高額なので今回はこっち)

よ〜く聞いてもらうと、遠くから聞こえる飛行機の音や近くを通る女子高生達の声、それから近付いてくる工事関係の人や通りすがりの人たちの声も聞こえてくるのが面白いです。薪を焚いている時の炎の音やピザを焼いている時のジュージューした音とかも耳を澄ましてぜひ聞いてくださいね。時間がある時にぜひアーカイブをどうぞ(約1時間30分)。

というわけで、前置きはが長かったのですが、ここからが今日の本題です。

これからアウベルクラフトはUstreamとYouTubeを使った情報発信をもっと積極的にやっていくつもりなんですよ。それとTwitterFacebookもです。

今回のUstreamはライブならではのみなさんとの双方向のやりとりや、いろんなハプニングありの情報配信をします。もちろんUstreamを使った手作り教室も行います。来月予定しているスモーク教室もその模様をライブで配信しますよ。

もう一方のYouTubeは例えばコーヒー焙煎キットの組み立て方やコーヒー焙煎のやり方、スモークキットの組み立て方など、ノウハウを中心とした情報をお伝えするということで、こちらはMax15分くらいまでの内容でお届けします。

僕たち柴田brosはこれからどういうことをやっていきたいのか。あるいはやっていくべきなのか。そのことをいつも考えています。新しい商品を作り出していくことも大切ですし、それはそれで本当にワクワクすることです。

でも、新しい物を作るということがどれだけ大変なことか。この数年僕たちはずーっと悶々としています。ブログにも時々書きますけどね。新しいものというのは単に新しければ良いというのではなく。僕たち自身が「おーし、これだ!」と納得できるものでなければもう作れなくなっています。それを枯渇と言うならば確かにそうなんだろうけど、そういう感じではない特別な想いなのです。

新しいものを作ることと同じように大切なことは、僕たちが作ったものの楽しさや正しい使い方などを、もっと広く分かりやすく伝えるという仕事もとても重要なことだと思っているのです。説明書やホームページだけでは伝わらないごく小っちゃなでも大切なことは、やっぱり生身の僕たち自身が直接伝えないといけないのではと思ったのです。

UstreamもYouTubeも以前からやってきたのですが、あまりにも画質が悪くてこれでは充分伝わらないと歯がゆい思いでいました。それが特に最近ソーシャルメディア時代の幕開けのような流れになってきて、機材やソフトやノウハウがどんどん出てきたのです。しかもお金を殆どかけなくてもできます。本当にありがたいなと思います。

ということで、このブログももっといろいろなことを書いていくつもりですし、近々兄もブログを立ち上げる予定で、そこで今まであまり語らなかったことを赤裸々(?)に語って欲しいと思います。今までのアウベルクラフトはどちらかというと無口で控え目で大人しい感じでしたが、これからはもっともっといろんなことを積極的に発信して行こう!その決意の表れだと思ってください。

東日本大震災の後、僕たちアウベルクラフトはこの日本のために何をすべきか。真剣に考えてきたのですが、これがその答えの一つでもあるんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.19

消費的な楽しみと創造的な楽しみ

110519_beer今日は一週間ほど前にビン詰めした手作りビール(クリーク)のラベルを作りました。まだ試作ですがこんな感じです。このクリークはベルギービールの中でもチェリーをふんだんに使った独特のビールということでとても有名です。何とモルト1缶に3キロ分ものチェリーが入っているんですよ。この可愛いチェリーの赤を際立たせるために背景を葉っぱと同じグリーンにしてみました。チェリーの実が可愛いですね。

仕上がりのイメージはこんな感じでいいでしょう。あとは光沢があり耐水性のあるラベルに印刷して貼り付けます。こういう作業はホントに楽しくて仕方がありません。ビール作り自体も楽しいんですが僕はこういう創造的な楽しみが一番好きなんですね。

先日「小さなサトリ」という本を見つけて読みましたがとても共感しました。最近はどちらかというと本屋さんに行くとビジネス書より哲学のコーナーに行ってその手の本を読むことが多いです。ただ難しい哲学書ではなく、もっと身近なもので人生が豊かで楽しくなる本を探しています。(マーベルの本棚

この本の中には僕が今まで生きてきて思っていることを「こういうことだよね」とわかりやすく言葉にしてくれています。思わず「そうそう!そういうことなんだよ」って相づちを打ってしまいます。

楽しみには「消費的な楽しみと創造的(生産的)な楽しみ」があって、創作的な楽しみ遊びは自己主張があり自己表現がある。そこに自己充足の満足を得ることができ、生きる喜びを心の底から覚えるのだ。これが人生の楽しみにつながるのだということですね。例えば音楽の鑑賞は消費的で、作曲や演奏は創造的な楽しみということです。

もちろんそれが全てだとは思っていないのだけど、両方の部分を持ってバランスの良い生き方をすることが楽しい人生であり、いつまでも若い気持ちを持てる秘訣なんだろうなあって思います。

アウベルクラフトはいろんな手作りキットをみなさんに提案しています。その基本的なスタンスは「手作りの小学校」という考え方です。コーヒーの焙煎やチーズ作り、燻製作りやビール作り、石窯パン作りなど、ちょっぴり難しそうな手作りキットを扱っていますが、決して難しくしないで楽しく気楽にできるようにと工夫しています。

ですからそれぞれの手作りでは中級上級のことはあえて提案していません。例えばビール作りの場合、ビールモルトだけで作るビール作りしかやっていません。欧米ではホップやエンザイム、スパーコロイド、その他いろんなケミカルが用意されていますし、イーストやモルトだってとても多くのものがあります。さらには麦芽から作るなんてこともやっています。

お客様からは時々そういうものを扱ってもらえないでしょうか?と要望をいただきますがあえてそういうものは扱いません。まだビール作りをやったことがない人がこれらのものを見たら尻込みをしてしまうからです。それに僕はそういうものは必要ないしなくても充分おいしいと思っています。もっと上級を目指せるレベルの人なら自分からそういうものを扱っているところを探せる、それでいいんですよね。僕たちはそれよりもっともっと多くの人たちにビール作りの楽しさを知って欲しいからです。

ただしです。

ある程度レベルが上がってきたら、ビール作りであればあなたが作ったオリジナルのラベルでそのビールの価値を高めて欲しいのです。それをお友達や知り合いにプレゼントして欲しいのです。とっても喜んでくれるでしょうし、作っている過程が本当に楽しいからです。これが創造的な楽しみなんですね。

これは他の手作りキットでもそうです。例えば自分なりのパンを考えたり、自分の好みのコーヒーブレンドを作り出したり、どうしたら次は上手にできるだろうかを考えたりです。ただ作って食べて飲んでというのももちろん楽しいです。でももっともっと楽しい世界があることを知って欲しいのです。

そんな創造的な情報をユーザーの方と僕たちとでお互いに共有できるようになれば、アウベルクラフトはもっともっと素晴らしくて楽しい会社になれると思っています。ぜひそうなりたいです!みなさんもぜひ実践してくださいね。

P.S.
明日5月20日(金)午後3時からミニ石窯キットの使い方をUSTREAM: Marvels TVからライブ配信します。先週予定していたのですが強風のため延期になったのです。こっそり見てね!

それから今「楽天市場店」の方で遠赤コーヒー焙煎キットのオークションを開催しています。先日収録した「YouTube - 遠赤コーヒー焙煎キットの組み立て方」で組み立てたコーヒー焙煎キットと生豆3種類(各500g)さらにメグ店長が選んだコーヒーカップとクラフト社長の手作りランチョンマットがセットになっています。ぜひあなたも参加してくださいね。オークション会場は→【楽天市場】meguセレクトオークション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

おいしくコーヒーを淹れる方法

本当に涼しくなりましたねー。やっと秋らしくなりましたねー。

おいしいコーヒーが飲みたいでしょう?

それならコーヒー焙煎キットで“焙煎したてのおいし〜いコーヒー”を味わってくださいね!

さらに、みなさんにぜひ知って欲しいことがあります。

それはせっかく焙煎したおいしいコーヒー豆を使っても、上手に抽出しないとおいしさが半減してしまうということです。これを知らないでいい加減に淹れてしまっている人が結構いますよ。あなたはいかがですか?

それでは「おいしくコーヒーを淹れる(抽出する)方法」をみなさんに動画でお見せします。今回はコーヒーのプロ「自家焙煎珈琲 豆楽」の福岡さんにその方法をわかりやすく解説していただきましょう。とてもわかりやすいですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.01.29

これは何でしょう?

100129_kit01問題。
さあ、これは何でしょうか?

「あ、ドブロギターだ!」
そう答えた人。

おしーーーー、くない。アレ(;´Д`)

これは2月の上旬くらいに発売を予定している、あるキットを実際に試しに作り始めたところです。

100129_kit線に沿ってのこぎりで切ってー。
そして−、今度は小刀で細かく削っていき、形を作ります。
そして最後にあるものになります。

最近、木工や工作はめっきりしなくなっちゃいました。
そういう人はけっこう多いんじゃないかなーって思います。
僕もシーカヤック作り以来殆どありませんね。

でも、こういう小さなものなら気楽にできるでしょう?
みなさんにもぜひ「手と頭と道具を使って、物を作り出すことを楽しんで欲しい」という願いを込めた新キットです。

つづきはまた後日お見せしますね。
ちゃんとみなさんにお見せできる代物になるかどうかは若干不安がありますが……。
でも楽しいのは間違いないです!

100129_iphoneさて、今日はアマゾンで注文していたものが届きました。「ポケットミニ三脚」と「携帯電話用 三脚固定ホルダー」です。iPhoneを固定しておくのにいろんな物が販売されていますが、僕のお気に入りはこれです。

あ、写真の「美人時計」のために買ったんじゃないですよ。YouTubeやiPodの動画などを見るのにも便利ですが、僕は動画の撮影用に使うんです。手に持って写すとぶれてしまって再生したものはとても見にくいです。でもこれがあれば大丈夫!

それともう一つはiPhoneからUstreamの中継をしてMarvel's TVで手作り教室配信できるようにしようと思っています。iPhoneがあれば外でも放送できるんですよ。すごいなーiPhone!。。。iPadも気になる存在ですね。

ちなみにこのセットで合計898円+送料441=1,339円也

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.29

新年から“コレ”を始めます!

091229_mead今日はアウベルクラフトの仕事納めです。明日12月30日から1月5日までの間、お休みさせていただきますので、みなさんどうぞよろしくお願いいたします。

さて、この写真なんだろう?って思われたかと思います。分かる人にはすぐに分かると思いますが……。

そうです、ハチミツです。(誰でもすぐわかるだろ、って突っ込みが入りそうですね)

いえいえ、そのことではなくてですね。二つ並んだハチミツですが、右側はごく普通のスーパーで売っているハチミツです。そして左側はニホンミツバチのハチミツです。知ってますか?みなさん。日本蜜蜂という蜜蜂のこと。

ある日小諸市の土屋さんという方からお電話がありました。土屋さんはご自分でニホンミツバチを養蜂してハチミツ作りを始めたそうです。そのハチミツでミードを作ったら滅茶苦茶おいしかったということを聞きました。ニホンミツバチの話もいろいろ聞かせてもらいましたが、とても面白かったです。また詳しくはいつかお話しできるかと思います。

さらに話は詳しいミード作りのお話になりいろいろ質問をされました。
はいはい、ミードのことなら任してください!このマーベルに!
日本でもっともっとミード作りを流行らせたいと思っているのでと、僕の知っていることをいろいろ熱く語りました。いろんなことをお教えしました。

091211_hachimitsu「じゃあ、ハチミツを送りますから、ぜひこれでミードを作ってみてください」と言われ貴重なハチミツ、そしてこだわりの有機栽培リンゴも送ってきてくれました。リンゴは蜜がいっぱいで本当においしかったです!

さて、二つ並べたのには理由があります。今まで何度もミード作りをしましたが、ミード作りのページを見ていただくと分かると思いますが、発酵が途中で止まってしまうのです。原因はたぶん栄養が不足しているので、ある程度発酵が進むとそれ以上発酵しなくなってしまうのです。対策としていろんなものを加えて発酵させるので何とかなっていました。

すると、土屋さんの話では「そんなことはない」と言うのです。詳しく聞くと市販のハチミツはシロップを加えたりしていること、天然ハチミツはビタミンやミネラルが豊富だということを聞きました。分かった!そういうことだったんですね。

その後、三重県の尾鷲市の方が会社にみえたのですが、その方もニホンミツバチのハチミツでミード作りをされていて、やっぱり同じ事を言われました。

新年明けましたら、二つ並べて発酵の様子をじっくり観察してみたいと思っています。そして出来上がったミードの味がどう違うのかを確かめたいと思っています。どうなるかワクワクするでしょ?どうぞお楽しみに!

さて今年もあと2日となりました。アウベルクラフトにとってこの2009年は本当に良い一年でした。いろんな人たちとの出会いがあり、僕たちも成長しました。たくさんの人たちからご注文もいただきました。それは全て僕たちを応援してくれている多くの人たちのお陰だと思っています。

来年は何をすべきか、それははっきり見えています。ここで詳しくお話しはしませんが、はっきり言えるのは、もっともっと身近に感じてもらえるアウベルクラフトにするということです。どう変わっていくか、ぜひみなさんに見守っていただきたいと思います。

では、どうぞみなさん良い年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧